ページを選択

陶芸教室(松組)

陶芸の先生を招いて、お茶会で使用するお茶碗を作りました。

先生のお話を聞き、真ん丸の粘土をもらうと「冷たい!」「ボールみたい」と嬉しそうな子どもたち。

粘土の真ん中に親指を入れてくるくる回していくと

お茶碗の形になりました。

おうちの人にお茶を振る舞う第一歩のお茶碗づくり。

「これでおいしいお茶が飲めそう」と、どの子も期待で胸を膨らませていました。

夏の初めに完成するお茶碗。

どんな風に出来上がるか楽しみです。

前へ